一生の思い出になる、結婚式を安価な値段で行おう

祝福をする

結婚式で参列できない人が御祝をしたい時に使用する便利なものとは

結婚式では主役の新郎新婦の幸せそうな姿を見るためや門出を御祝いするために、親族や友人などが参列する機会が多くあります。 中には出席する予定でしたが病気や身内の不幸などやむを得ない事情でどうしても結婚式に出席できない人が出て切ることがあります。このような人たちやそれ以外で御祝いしたいと考えている人にとって電報は迅速かつ確実に思いを届けてくれる便利な方法となっています。 現在ではさまざまな種類の電報があり、金額はメッセージの文字数と付属の台紙によって変わります。例えば刺繍で作られた電報は台紙が無料から一番高いのは2,000円以上になります。他にもプリザーブドフラワーやディズニーのぬいぐるみが付いていたりと付いているものによっては20,000円以上となりとても華やかな電報になっています。

電報の歴史が教えてくれることとは

現在多くの人に利用されている電報は歴史が古く明治までさかのぼります。 明治2年に現在の郵便局で当時の逓信省が国内で初めて東京から横浜間で開始しました。当時は現在のように電話で申込をする形ではなく郵便局にある専門用紙に文言を書いて申込みをしていました。サービスを開始してから6年で北海道から九州まで電報を送れるように整備され、明治23年には電話での申込みができるようになり今の電報の礎が築かれています。 大正に入ると手書きのメッセージからタイプライターに変更され昭和11年までに年がや写真、メッセージと台紙が付いた結婚式などの慶弔電報のサービスが開始されています。その後刺繍や押し花などさまざまな台紙が作られています。 電報は昔から変わらず結婚式を祝うために送る人と受け取る人の心を繋ぎ絆を強くする役割を担っています。